治療内容

子どもの矯正

子どもの矯正治療は1期治療と2期治療に分かれています。
1期治療とは、5~12歳頃までの混合歯列期に行われる矯正治療です。
装置で顎の成長を手伝ったり、歯並びの乱れの原因となる癖を改善するなどして、主に「永久歯がこれからきれいに並ぶよう誘導する・スペースを確保する」ことを目的としています。
対して2期治療とは、12歳以降の永久歯列期に行われる矯正治療です。
基本的には、成人矯正と同じ装置を使用できます。主に「生え揃った永久歯を適切な位置に動かす」ことを目的としています。

子どもの矯正

大人の矯正

「目元はけっこうイケてるのになァ-」と鏡を見るたびに「口元」を隠してしまう。What are you waiting for?
Now is the time for 「口元美人」

当院では健康な永久歯はできるかぎり抜かないで治療をおこなっています。
患者様のご希望も考慮しながら、患者様一人一人にあった治療方法をご提案させて頂きます。

大人の矯正

治療の種類や方法

歯のアイコン

裏側矯正

裏側矯正とは、歯の裏側に矯正装置を付けて歯並びを改善する矯正治療の方法です。
外からはほとんど矯正装置が見えないので、人前に出てお仕事をされる方等、職業柄、目立つ装置がつけられないという方、出来る限り装置を見せたくない方、…等が多く希望される矯正治療の装置です。

裏側矯正
歯のアイコン

表側矯正

一般的な金属の矯正装置を歯の表側に装着する方法です。
最も多くの症例に対応でき、矯正装置を透明な目立たないものに交換することもできます。

表側矯正
歯のアイコン

マウスピース型矯正(インビザライン等)

透明のマウスピースを用いて歯並びを整えていく矯正方法です。
取り外しができるので歯みがきや食事の際も安心で、透明のため周囲にもほとんど気付かれることがないので接客業の方にもおすすめです。
マウスピース自体も丸ごと洗浄できるため、毎日清潔に保つことができます。

マウスピース型矯正(インビザライン)
歯のアイコン

部分矯正

部分的な矯正治療とは、お口の中の一部分にのみ装置を装着して行う治療です。
主にむし歯の治療や歯を補う治療の前段階としての処置、歯周病予防のための処置として行います。
歯並びを気にされているところがお口の中の一部分でも、かみ合わせの状態から全体的な治療が必要な場合は、適応できない場合もあります。

部分矯正

治療例

  •  治療前

    治療前

  • 治療中

    治療中

  • 治療後

    治療後

主訴 歯並びがグチャグチャ
年齢 14歳
治療期間 24か月
治療に用いた主な装置 マルチブラケット、前歯部セラミック装置
費用 90万円(税込)